体操協会が手のひら返し “強権”塚原夫妻「2度目の不信任」

公開日:  更新日:

■1991年にも塚原体制にNO

 元産経新聞運動部長の津田俊樹氏(国士舘大政経学部非常勤講師)がこう言う。

「光男氏は1968年メキシコ五輪から3大会連続で金メダルを獲得した体操界のレジェンド。妻の千恵子氏もメキシコ五輪に出場し、息子の直也氏も五輪金メダリストと塚原家の体操界への貢献度は群を抜いている。光男氏と千恵子氏は朝日生命という名門クラブの指導者を務めて多数のオリンピック選手を輩出。その実績とクラブの威光を背景に30年以上も前から体操界に大きな影響力を持ってきました。特に千恵子氏は女子体操の世界で隠然たる力を持ち、『強化本部長』ならぬ『強権本部長』と言っていい振る舞いで、以前から体操界には眉をひそめる関係者が少なくなかったのは事実です。そもそも、夫婦で協会の中枢に君臨して、権力を握るというのは異常なこと。それも含めて批判の声があったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る