錦織圭&大坂なおみが揃って全米オープン8強入り

公開日: 更新日:

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)は3日(日本時間4日)、男女シングルス4回戦を行い、第21シードの錦織圭(28)が世界34位のフィリップ・コールシュライバー(34=ドイツ)にストレート勝ち。2年ぶり3度目の準々決勝進出を決めた。

 女子第20シードの大坂なおみ(20)は同26シードのアリーナ・サバレンカ(20=ベラルーシ)に競り勝ち、初の8強入り。

 4大大会初のベスト8入りを決めた大坂は直前に同じコートで勝った錦織の試合を観戦していたそうで「元気をもらえた。私も勝てるという気持ちをもらった」と男子のエースから刺激を受けたと話した。

 錦織は次戦で、第7シードのマリン・チリッチ(29=クロアチア)と、大坂は世界36位のレシヤ・ツレンコ(29=ウクライナ)とそれぞれ対戦する。

▽錦織のコメント
「(気温30度を超す)暑い中、反省点もあるけど、ほぼ完璧に近かった。3セットで終われてラッキーだった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る