松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

アマスポーツ界は全部コピーの“金太郎飴”なのかい?

公開日:

 で、最初は鼻で笑って「へん、一選手の分際で、生意気な」とか「全部ウソ」とかツバ吐きかけてハナも引っ掛けずにいると、高えゼニ払って雇ってる弁護士とかが指に唾つけて宙にかざしてみりゃ、あれよあれよ、ネットで噂が拡散して風向きが変わって旗色が悪くなったもんだで、泡食って、

「早いとこ謝った方がいいですよ」

「いやだ! なんでオレが謝らなきゃならねえんだ!」だの「これじゃ言ったモン勝ちじゃないサ、冗談じゃないわよッ!」と開き直り続けるのを、次から次へと取り巻き幇間太鼓持ち、

「よっ、ダァサマ、こんちご機嫌およろしくないようで、まあま、おひとつ」

「ええい、やかましい!」

 と杯をぶん投げるのを、

「まあまあ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る