森保J初戦で注目 欧州若手実力派3人衆起用の“処方箋”

公開日:  更新日:

 日本代表監督を兼務する森保一・東京五輪監督(50)にとって11日午後7時20分キックオフのコスタリカ戦(大阪・吹田)は、A代表のデビュー戦となる。見どころのひとつが「欧州若手実力派3人衆が、どんなプレーを見せるか?」である。

 オランダ・フローニンゲンで昨季10ゴールのFW堂安律(20)は、G大阪時代から「ビッグマウスが持ち味の本田2世」と言われ、物おじしない性格でオランダ暮らしにも馴染み、完全にチームの大黒柱的存在である。

 ポルトガル・ポルティモネンセで昨季、10得点12アシストと大暴れしたMF中島翔哉(24)。鋭いドリブル突破と決定力の高さで欧州有力クラブから注目を集めている。

 オーストリア1部ザルツブルクのFW南野拓実(23)は、3年前にA代表デビュー。アイデア豊富なプレーが持ち味だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る