• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森保J初陣飾るも…コスタリカ戦快勝の裏で露呈した“課題”

「日本の選手が奮闘したのは事実。将来性を感じさせるプレーも随所に見られた。しかし来日したコスタリカは一軍には程遠く、日本選手の活躍を割り引く必要がある。もっと強いコスタリカDFを南野、堂安、中島は切り裂けたのか? 三浦、室屋、佐々木のDF陣は相手の攻撃を食い止められたか? 現時点の日本代表の<現在地>を確認したかった」(六川氏)

■「決定力の不安も残った」

 元ドイツ1部でヘッドコーチを務めた評論家の鈴木良平氏は「問題点が散見された」と話す。

「試合を優位に進めながらシュートチャンスの数が少な過ぎた。決定力の面で不安も残った。南野は前半のGKにセーブされたミドルシュート、後半のヘディングを“空振り”して外したシュートなど<決めないといけない>場面だった。南野がドイツなど欧州トップに移籍できない理由が、こういうポイントだとすると、今後、さらにレベルアップしないと上がり目がなくなる。堂安、中島にもいえる。高い技術、豊富なアイデア、日本選手ならではの俊敏性も持っている。しかし、ここぞという局面できっちり結果を出さないと南野のように<欧州第2グループのオーストリアで何シーズンも足止めを食らう>ことになってしまう」

 国内のスポーツマスコミは「若き欧州組が圧巻パフォーマンス」と持ち上げるが、世界トップとのレベル差を確認することが今、何よりも大事なことではないか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る