武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「ナオチ」自身はアイデンティティーに区切りがついている

公開日: 更新日:

 大坂なおみテニスの4大大会、全米オープンで優勝した。日本選手としては男女通じて初の快挙。テニスのオリンピックは代表選手による“選抜大会”だから、グランドスラム優勝はそれ以上の価値がある。国民栄誉賞の話が出てきても全然おかしくない。

 帰国していまだ大騒ぎのただ中だが、マスコミも国民も戸惑っているのが、果たして大坂は「日本国民」なのか。帰国か、凱旋か……その辺をもう一度整理してみよう。

 あだ名は「ナオチ」。新女王の父・レオナルドはハイチ生まれ米国育ちで、母・環さんは北海道生まれの日本人だ。

 2人は札幌で出会い、大阪で結婚して姉マリとナオチが生まれた。3歳の時に父の両親が住む米国ニューヨークのロングアイランドに渡り、8歳でフロリダに移っている。

 日本と米国の二重国籍で、法律上は来年10月に22歳になるまでどちらかの国籍を選ぶことになっている。いまのところ、法的には“米国の新星”とも言えるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る