武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

「ナオチ」自身はアイデンティティーに区切りがついている

公開日: 更新日:

 大坂なおみがテニスの4大大会、全米オープンで優勝した。日本選手としては男女通じて初の快挙。テニスのオリンピックは代表選手による“選抜大会”だから、グランドスラム優勝はそれ以上の価値がある。国民栄誉賞の話が出てきても全然おかしくない。

 帰国していまだ大騒ぎのただ中だが、マスコミも国民も戸惑っているのが、果たして大坂は「日本国民」なのか。帰国か、凱旋か……その辺をもう一度整理してみよう。

 あだ名は「ナオチ」。新女王の父・レオナルドはハイチ生まれ米国育ちで、母・環さんは北海道生まれの日本人だ。

 2人は札幌で出会い、大阪で結婚して姉マリとナオチが生まれた。3歳の時に父の両親が住む米国ニューヨークのロングアイランドに渡り、8歳でフロリダに移っている。

 日本と米国の二重国籍で、法律上は来年10月に22歳になるまでどちらかの国籍を選ぶことになっている。いまのところ、法的には“米国の新星”とも言えるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る