大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

公開日: 更新日:

 24日現在、大坂のWTAツアーランキングは4位と出場圏内。中国OP(29日開幕)と香港OP(来月8日開幕)には出場予定で、この2大会が終わった時点でトップ8に名を連ねることができれば、伊達公子以来24年ぶりの快挙となる。

■ポルシェで送迎

 ファイナル出場の意義について、テニスジャーナリストの塚越亘氏が言う。

「1年間で成績を残した選手だけが出場できる、ステータスな大会。出場すれば間違いなく選手としての格が上がります。世界のエリート8名によるリーグ戦、夢のカードの真剣勝負が毎日あります。それとともに、普通の大会と違ってお祭りのようなエンタメ性を重視した大会でもあり、スポットライトで選手を照らすなど、まるでショーのようです。また、選手は超がつくVIP待遇を受ける。男子のファイナルはオーダーメードスーツですが、女子の場合、一流デザイナーが仕立てた高級ドレスでランウエーを歩きます。まさに究極のテニスイベントなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る