ラグビーW杯まで1年 L.マイケルのライバル松橋周平を直撃

公開日:

 2019年ラグビーW杯日本大会が開幕まで1年を切った。史上初の8強入りを目指す日本は、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)の下、11月のテストマッチから代表メンバーの絞り込みが本格化する。多くの外国出身選手が候補に名を連ねる中、代表入りを虎視眈々と狙っているのがナンバー8の松橋周平(24歳=リコー・ブラックラムズ)だ。180センチ、99キロとFWにしては小柄ながら、ジョセフHCの初陣だった16年11月のアルゼンチン戦で代表デビュー。昨年10月の世界選抜戦で右膝前十字靱帯断裂で戦列を離れたが、長いリハビリを経て今季復帰を果たした。ラグビーに取り組む姿勢をジョセフHCから高く評価され、外国人選手とのポジション争いに挑む松橋を直撃した。

■ウインタースポーツと比べて恵まれている

 ――W杯開幕まで1年に迫りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る