史上最年少で世界V レスリング乙黒拓斗は“超筋トレオタク”

公開日: 更新日:

 東京五輪の救世主が現れた。

 レスリングの世界選手権(ブダペスト)は22日(日本時間23日未明)、男子65キロ級の決勝を行い、初出場の乙黒拓斗(19=山梨学院大)が8月のアジア大会覇者のバジュラン(インド)を16―9で下して優勝。10代(19歳10カ月)での金メダルは五輪、世界選手権を通じて日本男子史上初の快挙だ。

 JOCエリートアカデミーで育った乙黒は帝京高時代に高校総体3連覇を果たして、男子の強豪である山梨学院大に進学、今年6月の全日本選抜選手権とプレーオフを制して初の代表権を勝ち取った。

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣の大ファン。日頃から、白石の出演する番組の視聴を欠かさず、ライブにも足しげく通っている。素顔は普通の大学生だが、レスリングに関してはストイックだ。

 今大会フリースタイル70キロ級代表の兄・圭祐(21=山梨学院大)によれば、部内でも1、2位を争う練習量で、授業の合間にはトレーニングルームに足を運び、筋トレを欠かさない。今年は世界選手権を控えていることから、8月には多くの部員が帰省する中、夏休み返上で、大学のマットで汗を流し続けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る