五輪出場枠お預け 体操女子“切り札”は宮川紗江の最高難度

公開日: 更新日:

 メダルにすら届かなかった。

 20年東京五輪予選を兼ねた体操の世界選手権(ドーハ)は30日、女子団体総合決勝を行い、リオ五輪4位の日本は4種目合計160・262点で6位。3位までに与えられる五輪出場枠獲得はならなかった。

 大会開幕後、主力の一人である杉原愛子(19)が腰痛を悪化させ、3人で4種目の演技を強いられた日本。主将の寺本明日香(22)が跳馬と段違い平行棒で着地失敗などのミスが出ると、床では昨年の種目別を制した村上茉愛(22)も技の精度を欠いて得点を伸ばせない。

 得点源であるはずの跳馬と床の減点が響いて惨敗に終わった。

 日本が五輪出場枠を得るには来年の世界選手権(独・シュツットガルト)で、今大会で出場権を得た3カ国を除いた上位9チームに入る必要がある。決して高いハードルではないものの、自国開催の五輪で上位入賞を目指すには、あの選手を代表復帰させるしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る