体操世界選手権は団体3位…五輪連覇のカギは「内村切り」

公開日: 更新日:

 ベテランが足を引っ張った。体操の世界選手権(ドーハ)は29日、男子団体総合決勝を行い、リオ五輪金メダルで、前回優勝の日本(内村、田中、白井、萱、谷川)は合計253.744点で銅メダルに終わり、連覇を逃した。ライバルである中国、ロシアの後塵を拝し、3位までに与えられる20年東京五輪出場枠を辛うじて手に入れた。

 開催国枠を除けば、日本の全競技を通じて初めて自力での五輪出場を決めたとはいえ、東京での連覇を目指すには心もとない。

 この日の決勝ではリオ五輪金メダルメンバーだった田中佑典(28)が4種目目の平行棒で落下。ベテランが得意種目で、まさかの失敗に終わり、上位2チームに及ばなかった。

 五輪個人総合2連覇中の内村航平(29)にしても、主将として臨んだ今大会は精彩を欠いた。開幕直前に右足首を故障し、個人総合への出場を断念。団体戦ではあん馬、つり輪、鉄棒の3種目に絞って出場したが、予選ではミスが目立ち、絶対王者として君臨したかつての面影はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る