体操世界選手権は団体3位…五輪連覇のカギは「内村切り」

公開日: 更新日:

 ベテランが足を引っ張った。体操の世界選手権(ドーハ)は29日、男子団体総合決勝を行い、リオ五輪金メダルで、前回優勝の日本(内村、田中、白井、萱、谷川)は合計253.744点で銅メダルに終わり、連覇を逃した。ライバルである中国、ロシアの後塵を拝し、3位までに与えられる20年東京五輪出場枠を辛うじて手に入れた。

 開催国枠を除けば、日本の全競技を通じて初めて自力での五輪出場を決めたとはいえ、東京での連覇を目指すには心もとない。

 この日の決勝ではリオ五輪金メダルメンバーだった田中佑典(28)が4種目目の平行棒で落下。ベテランが得意種目で、まさかの失敗に終わり、上位2チームに及ばなかった。

 五輪個人総合2連覇中の内村航平(29)にしても、主将として臨んだ今大会は精彩を欠いた。開幕直前に右足首を故障し、個人総合への出場を断念。団体戦ではあん馬、つり輪、鉄棒の3種目に絞って出場したが、予選ではミスが目立ち、絶対王者として君臨したかつての面影はなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る