JOC竹田会長の「政治五輪」象徴コントにバッハ会長が苦言

公開日: 更新日:

 世界から笑いものにされた。

 3日、国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪組織委員会の調整会議が都内で始まった。ここでは暑さ対策が課題となる競技の実施時間変更について協議。機械オンチや読み間違いで話題の桜田五輪相も出席したが、手持ちの原稿を「ノーミス」で読み切った。

 この調整会議から遡ること5日、11月28日に都内で開催された各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会で世界中の失笑を買う者がいた。

 同総会の日本開催は初。世界206カ国、約1400人の委員が集結した中で冒頭、安倍首相の挨拶が終わり、アハマド会長から「続いて、JOC竹田会長のスピーチです」と紹介されたが、周囲から「彼は出て行った」という合図が。「ミスター竹田はプレジデント(安倍)と一緒に会場を出て行ってしまったようです」とアハマド会長が説明すると、会場はクスクス笑いに包まれた。竹田会長は自分のスピーチが控えているにもかかわらず、安倍首相の降壇先で待ち構え、“お見送り”のため一度場内を去っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る