松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

34歳で初優勝 地味に強い力士「たまわし」を知ってたか?

公開日: 更新日:

 玉鷲優勝! 34歳だってよ。地味~に突き押しで勝負する相撲取りだ。気が付きゃ三役の常連だ。へえ、この地味さかげんはハンパねえ。きっと北海道あたり、ひいジイサマの代まで屯田兵村で、食いぶち減らしに相撲部屋を頼った極貧の四男坊に違いない。と思ったらおい、モンゴルだってよ。同じモンゴルでも徒党を組まず、ビール瓶で殴られたり、おい、なんで止めなかったんだよ、と言われることもなし。我が道を行って報われたんだ。

 本名バトジャルガリ~ン・ムンホルギル! 凍った豚の腸をぶった切って放り投げたような名前だが、案外スポーツが得意じゃなかったそうな。地味に大学でホテルマンを目指してこつこつ勉強してたところ、体だけはデカかったんで相撲取りにでもなろ~かな、と来日してたまたま道で鶴竜と出会って旭鷲山を紹介してもらったんだト。趣味は小物作りとお菓子作り……。やっぱ地味だな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る