松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

34歳で初優勝 地味に強い力士「たまわし」を知ってたか?

公開日: 更新日:

 玉鷲優勝! 34歳だってよ。地味~に突き押しで勝負する相撲取りだ。気が付きゃ三役の常連だ。へえ、この地味さかげんはハンパねえ。きっと北海道あたり、ひいジイサマの代まで屯田兵村で、食いぶち減らしに相撲部屋を頼った極貧の四男坊に違いない。と思ったらおい、モンゴルだってよ。同じモンゴルでも徒党を組まず、ビール瓶で殴られたり、おい、なんで止めなかったんだよ、と言われることもなし。我が道を行って報われたんだ。

 本名バトジャルガリ~ン・ムンホルギル! 凍った豚の腸をぶった切って放り投げたような名前だが、案外スポーツが得意じゃなかったそうな。地味に大学でホテルマンを目指してこつこつ勉強してたところ、体だけはデカかったんで相撲取りにでもなろ~かな、と来日してたまたま道で鶴竜と出会って旭鷲山を紹介してもらったんだト。趣味は小物作りとお菓子作り……。やっぱ地味だな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る