日ハム輝星は“天性の人たらし” キャンプと自主トレに密着

公開日: 更新日:

 先輩選手にも溶け込んでいるようだ。キャンプ2日目、吉田は高卒5年目の高浜祐仁(22)、大卒3年目の森山恵佑(24)とともに、球場から宿舎まで歩いて帰った。ビーチ沿いを通り、ホテルまで徒歩で約10分。高浜が言う。

「帰り道、『泳ぎたいな』って言ったり『野手って練習きついですか』と質問してきたり。砂浜を走っている人がいたので、『金足農のときみたいに、長靴履いて砂浜走ったら、話題になるんじゃないの?』みたいな話をしたら、『それいいっすね』と。ノリもいいですよ(笑い)。性格はやんちゃな感じがします。今は先輩だからと変に気を使うより、これくらいの方がいいと思います」

 同じ寮生で大卒2年目の鈴木遼太郎(22)はこんなエピソードを明かしてくれた。

「キャンプ直前の1月末に、(吉田が)『スタバに連れて行ってください』というので、連れて行ったら、うれしそうにしていました。コーヒーに、ホイップクリームを結構入れてましたね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る