反町康治さん<3>誕生日に誘われ銀座のクラブでドンペリを

公開日: 更新日:

 羽田空港にある乗務管理課で働くのは午前中だけで、午後からはサッカーが仕事だった。正午になると周囲に「行ってきま~す」と挨拶し、サッカー部員4~5人と一緒に練習場まで車で移動した。当時、全日空サッカークラブは日本リーグの2部で、自前のグラウンドも持っていなかった。練習場はその日暮らし。決して恵まれた環境ではなかったが、反町さんが入部した年に1部に昇格。それから93年発足のJリーグ加盟へとつながっていく。

「我々が半ドンで上がることに対して、最初は部署内でも“何だ?”というふうに受け止められていたと思います。ただ、そのうち興味を持ってくれるようになり、応援もしていただいた。疎外感はなかったです。それに僕は会社にお願いして、YS11のコーパイ(副操縦士)の月間スケジュールを作らせてもらっていた。半日しかやれないじゃないかと言われましたが、やらせてくださいと。だから、練習が終わったあとも会社に帰って仕事をしていたんです。横浜で練習があれば、横浜駅のそごうのところからバスに乗って羽田空港まで戻る、という具合。会社は一人前の社員だと見てくれていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る