反町康治さん<3>誕生日に誘われ銀座のクラブでドンペリを

公開日: 更新日:

 羽田空港にある乗務管理課で働くのは午前中だけで、午後からはサッカーが仕事だった。正午になると周囲に「行ってきま~す」と挨拶し、サッカー部員4~5人と一緒に練習場まで車で移動した。当時、全日空サッカークラブは日本リーグの2部で、自前のグラウンドも持っていなかった。練習場はその日暮らし。決して恵まれた環境ではなかったが、反町さんが入部した年に1部に昇格。それから93年発足のJリーグ加盟へとつながっていく。

「我々が半ドンで上がることに対して、最初は部署内でも“何だ?”というふうに受け止められていたと思います。ただ、そのうち興味を持ってくれるようになり、応援もしていただいた。疎外感はなかったです。それに僕は会社にお願いして、YS11のコーパイ(副操縦士)の月間スケジュールを作らせてもらっていた。半日しかやれないじゃないかと言われましたが、やらせてくださいと。だから、練習が終わったあとも会社に帰って仕事をしていたんです。横浜で練習があれば、横浜駅のそごうのところからバスに乗って羽田空港まで戻る、という具合。会社は一人前の社員だと見てくれていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る