田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

中東に出掛けて“接待サッカー”をやったことを思い出した

公開日: 更新日:

 UAEで開催されたアジアカップをテレビ観戦しながら、40年ほど前の記憶が蘇ってきた。三菱サッカー部でプレーするようになって4年目だったと思う。「中東に行ってサッカーをやってもらう」と言われた。これがまたビックリの“接待サッカー”だった。 

 当時、三菱は中東の産油国に向けて石油精製工場などのプラント(産業設備)輸出を手掛けていた。三菱の敏腕サラリーマンと一緒にサウジ、カタール、UAE、イラクなどに出掛けた。彼らが相手国の政府要人とタフな交渉をしている間、我々は地元クラブと親善試合である。

 サッカーは世界の共通言語。距離感がグッと縮まり、ビジネスの面でも確実にプラスになったと確信している。

 夜は、王室が主催する豪華絢爛パーティーに出席。印象深いのが「王子の手」だった。握手したら柔らかいのナンのって「ナイフとフォークよりも重たいモノを持ったことがないのかな?」と本気で思ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る