井上はボストン出場 MGCへの準備でわかるランナーの本気度

公開日: 更新日:

 ワイルドカードでマラソングランドチャンピオンシップ(MGC=東京五輪代表選考会)の切符を狙う女子の田中華絵と大森菜月は、7日のロッテルダム・マラソンに出場。タイムが及ばずMGCの出場権は得られなかった。

 15日のボストンには、ディフェンディングチャンピオンの川内優輝と昨年のアジア大会(ジャカルタ)で日本勢では32年ぶりに優勝した井上大仁が招待出場。アジア大会4位の園田隼も参戦する。

 井上がボストンに出るのは東京五輪を念頭に置いてのこと。

「(五輪と同じく)ペースメーカーがつかない中での勝負のレース。世界レベルでもまれてしっかり勝ち切れれば」と意気込みを語った。

 今月は世界6大マラソンのボストンとロンドン(28日)が行われるが、世界のマラソン日程を調べれば、毎月どこかの国でレースがある。MGC切符を持っている選手は身銭を切ってでも海外で実戦を経験することが重要だ。国内のマラソンシーズンが終わったからといって、ノンビリしている暇はないはずだ。

 今のところMGCファイナリストは、男子は井上以外に29人、女子は14人いる。目指すものは単なる五輪代表か、地の利と酷暑を味方にアフリカ勢と本気で勝負することか。それはMGC当日(9月15日)までの準備や過ごし方でわかるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る