マラソン川内優輝も契約 アスリート狙う保険会社の新戦略

公開日: 更新日:

 また保険会社だ。1日にプロ転向した元公務員ランナーの川内優輝(32)が3日、都内であいおいニッセイ同和損害保険との所属会見に出席。5月に結婚する婚約者の水口侑子さん(33)が登場するサプライズもあった。

 近年、アスリートと契約する保険会社が増えている。女子プロゴルフでは、テレサ・ルー(31=太陽生命)、勝みなみ(20=明治安田生命)、上田桃子(32=かんぽ生命)の3人が所属契約を結んでおり、マラソンで来年の東京五輪代表を狙う大迫傑(27)はマニュライフ生命とスポンサー契約をしている。この現象についてビジネス評論家の菅野宏三氏がこう解説する。

「高齢者の寿命が延びて、人生100歳時代です。持病があってもOKとか、80歳まで入れる保険もある。損保と生保の垣根が低くなり、保険会社はリスクはあってもマーケットを拡大したい。プロ転向した川内君と契約した損保会社はいいキャスティングですよ。彼はクリーンなイメージで知名度も抜群。ちょっとあか抜けないところも中高年には魅力に映る。今後は全国のマラソン大会に出たり、講演会も行うという。彼の場合、オリンピックに出なくても営業効果は大きいと思う。女子プロゴルフは中高年男性に人気があるし、大迫君は東京五輪でメダル争いも可能な有望株です。保険会社は選手と契約する以外に、手あかのついていないアスリートを使った企画をどんどん打ち出してくるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る