白鵬休場“元号またぎ連続V”消滅…さらに消えたもう一つの夢

公開日: 更新日:

 5月場所は日米首脳会談で来日する米国のトランプ大統領が観戦を希望し、「トランプ杯をつくるのではないか」というウワサも出ている。それも白鵬には無縁の話になった。

■問題児が“五輪の顔”でいいのか

 そんな横綱が望みを託しているのが、来年開催される東京五輪開会式での土俵入り。日本のみならず、世界中に自身をアピールできる場とあって、常々「東京五輪まで現役」と言い続けてきた。

 が、ある古株の親方は「白鵬は何か勘違いしているのではないか?」と、こう続ける。

「東京五輪の横綱土俵入りなんて、決定事項でも何でもない。協会には打診すら来ていないと聞きました。たまたま1998年の冬季長野五輪で曙が土俵入りを披露したので、今回も同様と勝手に思い込んでいるのでしょうけど……。そもそも、前回の東京五輪でも、横綱土俵入りなんてありませんでしたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  5. 5

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る