鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

2020年米大統領選は「若者の野球離れ」を食い止められるか

公開日: 更新日:

 2020年11月の米国大統領選に向けた動きが慌ただしくなってきた。

 現職大統領のドナルド・トランプを擁する共和党には有力な候補がいない。一方、野党民主党の動きは活発だ。

 前回の大統領選挙で一躍知名度を上げ、米国に「民主社会主義」の言葉を広めたバーニー・サンダース(写真=ロイター)や、昨年11月の中間選挙に当選して史上最年少の連邦下院議員となったアレクサンドリア・オカシオ=コルテスが注目を集めている。さらに、オバマ政権で副大統領を務めたジョー・バイデンも出馬を表明した。中でも16年に「旋風」を巻き起こし、今も若者の支持を集めるサンダースの主張は「全国民への公的保険の適用」など、米国社会の現状からすると過激といえるものだ。

 ただ、大統領となったトランプが自由貿易への反対、海外派兵の見直し、製造業の再建、公共投資の強化など、サンダースが掲げた政策を取り入れたように、民主党の大統領候補がサンダースやオカシオ=コルテスの公約を取り込んで「争点潰し」を試みる可能性は小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る