鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

2020年米大統領選は「若者の野球離れ」を食い止められるか

公開日: 更新日:

 2020年11月の米国大統領選に向けた動きが慌ただしくなってきた。

 現職大統領のドナルド・トランプを擁する共和党には有力な候補がいない。一方、野党民主党の動きは活発だ。

 前回の大統領選挙で一躍知名度を上げ、米国に「民主社会主義」の言葉を広めたバーニー・サンダース(写真=ロイター)や、昨年11月の中間選挙に当選して史上最年少の連邦下院議員となったアレクサンドリア・オカシオ=コルテスが注目を集めている。さらに、オバマ政権で副大統領を務めたジョー・バイデンも出馬を表明した。中でも16年に「旋風」を巻き起こし、今も若者の支持を集めるサンダースの主張は「全国民への公的保険の適用」など、米国社会の現状からすると過激といえるものだ。

 ただ、大統領となったトランプが自由貿易への反対、海外派兵の見直し、製造業の再建、公共投資の強化など、サンダースが掲げた政策を取り入れたように、民主党の大統領候補がサンダースやオカシオ=コルテスの公約を取り込んで「争点潰し」を試みる可能性は小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る