米ドラフトを翻弄 敏腕代理人ボラス氏“4つのマジック”とは

公開日: 更新日:

 1990年以降のドラフトは辣腕代理人ボラスの「マジック」に翻弄され続けた。

 最初は「交渉期限マジック」だった。各球団とも、指名後15日以内に条件提示をしなければならないというルールを守っていなかったため、ボラスは96年のドラフトで顧客の有望選手4人が1巡目で指名されると、球団と一切連絡を取らずに15日が過ぎるのを待った。条件提示がないので指名は拘束力を持たなくなったと主張。それが認められ、4人はFA選手になった。ボラスは4人を2年後の発足に備えて有望新人を欲しがっていた新球団のデビルレイズ(現レイズ)に相場の数倍の契約金で入団させた。これに懲りたMLBは翌年交渉期限を指名後15日間から「翌年のドラフトの1週間前まで」に変更。するとボラスは期限が異様に長くなったことを利用して、有望株に期限ぎりぎりまでサインさせずに契約金を相場の倍以上に吊り上げる作戦に出た。そのためMLBは07年に交渉期限を「8月15日まで」に再改定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る