友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

GM市場に異状アリ 宿敵からの横滑りや代理人からの転身も

公開日:

 メジャーリーグでは今季成績が振るわなかったジャイアンツ、メッツ、オリオールズのGMがクビになり、その後任選びが行われた。3球団のうち、オリオールズはアストロズのGM補佐マイク・イライアスをGMに据えるという無難な選択をしたが、ジャイアンツとメッツは奇策に出て、これまでの常識では考えられない人物を選んだ。

 ジャイアンツが事実上のGMである編成責任者に選んだのは、同地区のライバル球団・ドジャースのザイディGMである。メジャーリーグでは選手がライバルチームに移ることは日常茶飯事だが、球団の企業秘密を知る立場にあるGMが移ったケースはほとんどない。

 ジャイアンツは、セイバーメトリクスに精通した分析力の高い人材を欲していたので、ザイディを選んだと説明している。

 しかし、最近はGMやGM補佐の多くがアイビーリーグや西海岸の名門大出身者になり、高い分析力を誇る人材はゴロゴロいる。わざわざライバル球団から引き抜く必要はないのだ。それをあえて敢行したのは、ジャイアンツとドジャースの力の差が容易には縮まらないレベルに拡大しているためで、ドジャースの弱点を最もよく知る人間を連れてきて戦略を立てないと、太刀打ちできないと考えたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る