香港OPは男女単ともV逃す ジャパンOPへ高くて厚い中国の壁

公開日: 更新日:

 やっぱり金メダルは無理だ。

 卓球の香港オープンの男女シングルス決勝は張本智和(世界ランク4位)が中国の林高遠(同2位)に2―4で敗れ、女子は伊藤美誠(同7位)が同46位の王芸迪(中国)にストレート負けを喫した。東京五輪の新種目となる混合ダブルスの張本・早田ひな(同35位)組は決勝トーナメント1回戦で敗退した。

 今年、日本選手が参戦したワールドツアー3大会に、アジア杯の男女単もすべて中国勢が優勝。世界卓球に至っては、中国が全5種目(男子単、女子単、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルス)制覇で実力の違いを見せつけた。

 それだけではない。

 カタールOP、アジア杯、中国OPの男女決勝は中国勢同士の戦いだった。世界卓球は男子決勝こそ中国の馬龍とスウェーデン選手との対戦だったが、女子は1位から3位までを中国勢が独占した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る