50打点でセ1位 ヤクルト村上の“大物キャラ”は高校時代から

公開日: 更新日:

 きょうも稼いだ。

 打点王へ快走を続けるヤクルトの村上宗隆(19)。12日の楽天戦でも2ランを放ち、打点をリーグトップの「50」に伸ばした。もし19歳で打点王になれば、セ・リーグでは王貞治、長嶋茂雄の持つ22歳の最年少記録を大幅に塗り替えることになる。

 17本塁打もリーグ3位タイ。高卒2年目以内での17本は1960年の王貞治(巨人)、2015年の森友哉(西武)に並ぶ記録となった。

「崩されることなく、しっかり自分のポイントで打つことができた」

 本塁打についてこう振り返った村上はマイペースな「大物キャラ」で知られ、その性格に首脳陣がたびたび頭を抱えることもある。しかし、それは高校時代からだったようだ。

 恩師である九州学院(熊本)の坂井監督は村上のパワーと打撃センスを見て、「ゴロを打つくらいなら高いフライを打て」と教え込んだという。それが長距離砲への礎になったというのだが、この話に水を向けると、意外な答えが返ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る