佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

“海外ツアー慣れしていない”シティが露呈した残念な一面

公開日: 更新日:

 今の時期のアジアは賑やかにして豪勢だ。欧州のビッグクラブが。スポンサーへの感謝の意を表すとともに新規マネーを得ようと“出稼ぎ”にやってくるからだ。それもそうだろう。中国を筆頭にインドネシア、タイ、シンガポールといった国々から、途方もない札束が西へと流れていく。欧州市場にとってアジアは、一番のお得意様と言っても過言ではない時代なのである。

 ◇  ◇  ◇

 サッカーファンであれば、一度はナマで観戦してみたい試合のひとつが、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦。6月にマドリードで行われた決勝チケットの5割近くがスポンサーや関係者に割り当てられ、出場両クラブの割り当て分を除いた一般販売は4000枚と全体の1割にも満たない狭き門だった。抽選で購入するなんて、宝くじに当選するレベルと変わりないのである。

 しかし、大会スポンサーや関係者枠に潜り込めたならどうだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る