佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

バルサ戦よりシティ戦を選んだのは名将ペップがいたから

公開日: 更新日:

マンチェスター・シティ来日 特別寄稿(上)

 とんでもないチームが来日したもんだ。世界最高峰リーグと呼び声高きイングランド・プレミアリーグを連覇中の強豪である。しかも……2017-2018年シーズンに勝ち点100を積み上げてリーグ新記録を打ち立てたと思えば、昨季2018-2019年シーズンは、前人未到の国内タイトル(プレミアリーグ/FAカップ/カラバオカップ/コミュニティー・シールド)総なめの偉業を達成した。そんな<メガクラブ>マンチェスター・シティ(以下シティ)が初来日をしたとなれば、心中穏やかにいられるはずがない。それがフットボールファンの性である。

 実は試合同日に神戸では、ヴィッセル神戸ーFCバルセロナ戦という話題満載な“裏”カードが行われることは周知の事実。しかし、筆者は<横浜>での現場取材を選んだ。理由はひとつ。バルサは来年もやって来るという<画を描けた>が、シティの次の来日はいつになるか、分からないが気がしたからである。

 それにしても、サッカークラブ資産価値ランキングの3位と5位を生意気にも天秤に掛けている。それが日本で起きている贅沢極まりないこの状況に、多額のスポンサーフィーを支払う日系企業の企業努力に対して感謝の念を抱いたことは記しておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る