元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

国内リーグの空洞化を防ぐ若手育成計画“プロジェクトDNA”

公開日: 更新日:

 海外大量移籍時代に突入して「国内の若いスター選手が次々と海外へ行ってしまうと、Jリーグの注目度低下は避けられない」と危惧する声は少なくない。今の日本サッカー界の看板である久保建英(18=レアル・マドリード)を筆頭に、森保一監督率いる日本代表に名を連ねるようなタレントは大半が海外組だ。こうした中、より魅力的なJリーグをつくるにはどうしたらいいのか。真剣に考えなければならないテーマだ。

 ◇  ◇  ◇

 1993年のJ発足から26年が経過し、日本人選手のレベルアップは著しい。イニエスタやビジャ(ともに神戸)のような世界的スターも参戦するなどJリーグの質も注目度も確実に上がっている。

 一方で「欧州に行かなければ本物の世界基準は体感できない」と言う若手が多いのも事実だ。

 6月のコパ・アメリカ(ブラジル)に参戦した杉岡大暉(湘南)も「日本だったら多少クロスを上げられても失点に直結することは少ないけど、コパでは違った。外でやらなきゃ経験できないものがあると分かった」と海外を意識し始めたことを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る