史上最強の呼び声も…前代表HCが見た“八村ジャパン”の死角

公開日: 更新日:

 日本バスケットボール協会は27日、W杯(31日開幕=中国)に出場する最終登録メンバー12人を発表した。

 今月に行われた強化試合は4戦して2勝2敗(非公開のニュージーランド戦を除く)。フリオ・ラマス・ヘッドコーチ(HC)の母国で、世界5位のアルゼンチンには3ケタ失点(93―108)したものの、同22位のドイツ相手に第4クオーターで劇的な逆転勝ち。強化試合とはいえ、過去に出場した4大会で一度も勝ったことがない欧州から歴史的な白星を挙げた。

 日本の大黒柱であるPF(パワーフォワード)八村塁(21=ウィザーズ)は、3試合に出場して合計89得点(1試合平均29.7)、17リバウンド(同5.7)を記録。ド派手なダンクも披露するなど、攻守にわたって存在感をアピールした。

 今年10月にNBAデビューを控える八村は海外の強豪相手にも通用することを証明した。この八村に、渡辺雄太(24=グリズリーズ)、米国出身のニック・ファジーカス(34=川崎)の3人を擁し、史上最強といわれる男子代表に死角はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る