「日本選手は高温多湿に強い」世陸入賞ラッシュで強気意見

公開日: 更新日:

「東京五輪の猛暑は日本選手には絶対にプラスになる!」

 一部の陸上関係者からそんな声が聞こえてきた。

 ドーハで行われている世界陸上で、50キロ競歩の鈴木雄介(31)が気温30度以上、湿度80%前後の過酷なレースを制した。鈴木は20キロの世界記録保持者で、世界一の歩形が絶賛される実力者だ。金メダルをまぐれという者はいない。だが、女子20キロ競歩も岡田久美子(27)が6位、初出場の藤井菜々子(20)も7位入賞を果たした。同種目の入賞は09年ベルリン大会の渕瀬真寿美(6位)以来で、日本女子競歩勢の2人の入賞は史上初だ。

 ある実業団の関係者が言う。

「競歩だけじゃない。女子マラソンも初出場でほとんど無名に近い谷本観月(24)が7位に入り日本勢では2大会ぶりの入賞です。このレースも高温多湿で68人中28人が途中棄権し、優勝したチェプンゲティッチ(ケニア)の2時間32分43秒は大会最遅記録だった。ここまでのロードレースの成績を見れば、日本選手が高温多湿の悪条件の中でも結果を残せることが証明された。来年の五輪も酷暑のロードレースで強敵たちは次々に棄権するか、スピードが極端に落ちれば、日本選手はメダル争いのチャンスが広がりますよ」

 そう思っている関係者は多いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る