「日本選手は高温多湿に強い」世陸入賞ラッシュで強気意見

公開日: 更新日:

東京五輪の猛暑は日本選手には絶対にプラスになる!」

 一部の陸上関係者からそんな声が聞こえてきた。

 ドーハで行われている世界陸上で、50キロ競歩の鈴木雄介(31)が気温30度以上、湿度80%前後の過酷なレースを制した。鈴木は20キロの世界記録保持者で、世界一の歩形が絶賛される実力者だ。金メダルをまぐれという者はいない。だが、女子20キロ競歩も岡田久美子(27)が6位、初出場の藤井菜々子(20)も7位入賞を果たした。同種目の入賞は09年ベルリン大会の渕瀬真寿美(6位)以来で、日本女子競歩勢の2人の入賞は史上初だ。

 ある実業団の関係者が言う。

「競歩だけじゃない。女子マラソンも初出場でほとんど無名に近い谷本観月(24)が7位に入り日本勢では2大会ぶりの入賞です。このレースも高温多湿で68人中28人が途中棄権し、優勝したチェプンゲティッチ(ケニア)の2時間32分43秒は大会最遅記録だった。ここまでのロードレースの成績を見れば、日本選手が高温多湿の悪条件の中でも結果を残せることが証明された。来年の五輪も酷暑のロードレースで強敵たちは次々に棄権するか、スピードが極端に落ちれば、日本選手はメダル争いのチャンスが広がりますよ」

 そう思っている関係者は多いかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る