酷暑の東京五輪マラソンは選手もボランティアも“命懸け”

公開日: 更新日:

 9月に入り、秋の気配を感じるようになってきたが、あの酷暑を忘れてはならない。

 東京五輪マラソンの代表選考会(MGC)が今月15日(男子8時50分、女子9時10分スタート)に行われる。本番1年前の同じ日時(女子8月2日、男子9日6時)に走れば、代表になった選手も得るものは多い。大会運営の面でも数々の課題が見えてくるので、本番の準備に生かせるメリットがある。

 しかし、MGCはお彼岸直前。8月初旬より日差しはかなり弱いはずだ。参加選手も男子31人、女子12人という少人数。五輪とほぼ同じコースを走るとはいっても、スタート時間も本番より約3時間も遅く、150人以上が出場するオリンピックレースとはまったく異なる。

 ある陸上関係者は、「だから、男女とも五輪のマラソンは当日が心配なんです」と言って、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る