世陸は暑さで棄権者続出…東京五輪はドーハの“二の舞”必至

公開日: 更新日:

 来年の東京五輪は「ドーハよりマシ」と楽観視する声もあるがとんでもない。気温や湿度を比べると、さらに危険と言っても過言ではないのだ。

 例えば、夏真っ盛りの8月2日に開催される女子マラソン。暑さ対策のため午前6時にスタート予定だが、今年の同じ時間帯の東京の気温は27・7度、湿度は93%。競技終盤に差し掛かる2時間後の午前8時は、気温31・3度、湿度81%だ。

 日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」の「WBGT値」(暑さ指数)によると、気温27・7度、湿度93%は「厳重警戒」、気温31・3度、湿度81%だと「危険」レベルである。要するにマラソンはおろか、運動してはいけない環境なのだ。

 五輪に詳しいスポーツライターの谷口源太郎氏が言う。

「国際大会で棄権者が続出なんて聞いたことがありませんが、東京五輪でも同じことは起こり得ます。暑さは人の力で容易に克服できませんから。メディアは五輪に向けて盛り上げ報道ばかりですが、選手が自らの生命を守るために『こんな環境で競技はできない』と声を上げてもいいと思います」

 棄権者だらけの“ドッチラケ”五輪になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  2. 2

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  3. 3

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    英語民間試験に政官癒着 渦中のベネッセが抱える“深い闇”

  7. 7

    ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

  8. 8

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  9. 9

    好発進の渋野 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

  10. 10

    クドカンの苦悩告白から読み解く「エール」脚本家降板劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る