世陸は暑さで棄権者続出…東京五輪はドーハの“二の舞”必至

公開日: 更新日:

 来年の東京五輪は「ドーハよりマシ」と楽観視する声もあるがとんでもない。気温や湿度を比べると、さらに危険と言っても過言ではないのだ。

 例えば、夏真っ盛りの8月2日に開催される女子マラソン。暑さ対策のため午前6時にスタート予定だが、今年の同じ時間帯の東京の気温は27・7度、湿度は93%。競技終盤に差し掛かる2時間後の午前8時は、気温31・3度、湿度81%だ。

 日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」の「WBGT値」(暑さ指数)によると、気温27・7度、湿度93%は「厳重警戒」、気温31・3度、湿度81%だと「危険」レベルである。要するにマラソンはおろか、運動してはいけない環境なのだ。

 五輪に詳しいスポーツライターの谷口源太郎氏が言う。

「国際大会で棄権者が続出なんて聞いたことがありませんが、東京五輪でも同じことは起こり得ます。暑さは人の力で容易に克服できませんから。メディアは五輪に向けて盛り上げ報道ばかりですが、選手が自らの生命を守るために『こんな環境で競技はできない』と声を上げてもいいと思います」

 棄権者だらけの“ドッチラケ”五輪になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  9. 9

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  10. 10

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

もっと見る