“負けず嫌い”渋野日向子が本気に 米ツアーへ意欲ムクムク

公開日: 更新日:

「予想通りですよ」と、あるツアー関係者が言う。

「渋野は全英から帰国した直後は、『海外参戦の意欲はあまりない』と言った。全英に勝って『米ツアーに出られますよ』と言われても、そんな気持ちはみじんもなかったわけですからね。でも、この2日間で畑岡とソヨンから3打しか離されていないのにレベルの違いを痛感した。しかも畑岡とソヨンが英語で会話しているときはずっと蚊帳の外でした。負けず嫌いの渋野にとっては、こういう経験が最も向上心をかき立てる。『賞金女王になってから』とか『英語の勉強をしてからでいいだろう』なんて言う人もいますが、来季から米ツアーへ行くべきです。ファンだってそれを望んでいるんじゃないですか」

 昨年はソヨンが畑岡の3連覇を阻んだ。今年も2人が優勝争いを演じれば、渋野はますます本気になるだろう。

【写真特集】日本女子OP2日 渋野日向子9位、親友との∨争い誓う

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る