“ダブル・ダブル”の上々デビューも…八村塁に足りないもの

公開日: 更新日:

 ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が、日本人選手で初めてNBA開幕戦のコートに立った。

 23日(日本時間24日)のダラス・マーベリックス戦にスタメン出場し、24分間で14得点、10リバウンド。得点、リバウンドとも2ケタに達する「ダブル・ダブル」をマークした。

 デビュー戦を終えた八村は「そこそこの仕事はできたんじゃないかなと思っている」としながらも「足りないところはいっぱいあった。ビデオを見て、反省して次の試合に生かしたい」と振り返った。

 若手主体のチーム事情から、八村は今後もスタメンを任される見込みだが、開幕戦で「足りなかったところ」は何か。

 男子日本代表前監督の長谷川健志氏がこう言う。

「トランジション(攻守の切り替え)、リバウンド、ボールプッシュなど、現時点でできることは全て披露したと思います。課題はペイントエリア(ゴール前)での判断力です。あのサイズ(203センチ)でも、大柄な選手が揃うNBAではインサイドで勝負するのは厳しいため、ペイントエリアでは早めの判断とシュートのバリエーションを増やした方がいい。また、きょうのようにリードを許して第4クオーターを迎えた場合、試合終盤は確実な3ポイント(P)シュートが求められる。現状の3Pアベレージの八村は起用しにくい。プレータイムを確保するためにも、3Pの精度向上に努めるべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る