バスケW杯黒星発進…日本に“八村頼み”からの打開策は?

公開日: 更新日:

「僕にとって初めてのW杯で、世界の強さを感じた」

 八村塁(21)は険しい表情でこう言った。昨1日、バスケットボール男子W杯の初戦で日本(世界ランク48位)はトルコ(同17位)に67―86で敗戦。黒星スタートとなった。

 序盤から相手に主導権を握られ、ボールを持ってもシュートを打てない場面が目立った日本。なかでも、エースの八村が厳しいマークを受けた。

「相手も勝つ気で来ているし、スカウティング(研究)もしっかりしている。僕がやりにくいプレーをしてきた」

 試合後にそう振り返った八村は、チーム最多タイの15得点を挙げたが、フィールドゴールはわずか3本。シュート自体も10本しか打たせてもらえなかった。残りの9得点は徹底したマークによるファウルで獲得したフリースローによるもの(チーム最多)。八村包囲網の厳しさを物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る