アルゼンチンに23得点も…八村塁はフリースロー精度に課題

公開日: 更新日:

 大黒柱の課題が改めて浮き彫りになった。

 男子バスケットボール日本代表(世界ランキング48位)が22日、アルゼンチン(同5位)とW杯(31日=中国)に向けた強化試合を行い、93―108で競り負け。

 日本の大黒柱とされるスモールフォワード(SF)八村塁(21=ウィザーズ)はチーム最長の30分41秒間プレーし、両チーム最多の23得点。

 試合開始早々には、ワンハンド(片手)ダンクシュートを決めるなど、随所にド派手なパフォーマンスを披露。さいたまスーパーアリーナに詰め掛けた1万6211人のファンの喝采を浴びたが、正確性を求められる肝心のプレーでは精度を欠いた。

 相手の反則によって得られるフリースローが不安定なのだ。この日は6本放ってゴールネットを揺らしたのは4本。成功率66.7%にとどまった。先のニュージーランド戦では2戦(練習試合含む)合計60%だった。同じNBAを主戦場とする渡辺雄太(24=メンフィス・グリズリーズ)の88.9%(9本中8本)と比べても、八村のフリースローは物足りない。SFの八村はゴール前にドライブ(ドリブル)で切り込んだり、リバウンドを取りに行くことが多いため、相手と競り合ってファウルを受けやすい。当然、チームで最もフリースローの機会が多くなる。接戦になった場合、フリースローの出来が勝敗を左右しかねないだけに、八村のようなタイプの選手には8割以上の成功率が求められる。

 試合後の八村は「オフェンス、ディフェンスとも課題が出たので、しっかりと修正したい」と話した。

 W杯本番までに精度を上げられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  6. 6

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  9. 9

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る