ロッテが順大医学部と提携 データ活用はコーチ陣の腕次第

公開日: 更新日:

「怪物」を守れるのか。

 千葉ロッテは来年度から順大医学部(順天堂医院、付属浦安病院)と選手の医療サポートで提携する。整形外科や栄養管理、コンディショニングなど、各分野の医師たちがチームドクターとして、選手の血液や唾液検査など年5回のメディカルチェックを行い、けがや体調不良には24時間体制で対応してくれる。

 近年のプロ野球選手は、個々の体力に合わせたトレーニングを行い、食生活にも気を使っているが、大学病院が全面的に24時間バックアップしてくれるなら心強いだろう。

■データ活用は腕次第

 元陸連専務理事の澤木啓祐氏(現・順大大学院特任教授)は順大陸上競技部監督時代、選手の血液データをトレーニングに生かし、箱根駅伝は4連覇を含む9度の優勝を達成。「プロ野球は国内最高のプロスポーツといっても過言ではない。血液検査に関しては導入が遅すぎるくらいです」と言って、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  10. 10

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

もっと見る