池ポチャ渋野 強風下のゴルフを覚えないと世界で戦えない

公開日: 更新日:

【スウィンギングスカートLPGA台湾選手権】第2日

 米ツアー挑戦2戦目の渋野日向子(20)。

 8位タイ発進の2日目は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの74と崩れて通算1アンダー34位に後退。首位キープのハー・ミジョン(29=韓国)とは11打も差が開いてしまった。

 痛かったのは15番パー4のダブルボギーだ。左サイドから強風が吹き、ティーショットは大きく右に流されてボールはカート道の上。救済は右サイドの急斜面になるため、そのままカート道から2打目を打ったが、今度は左サイドの池につかまるトラブルに見舞われた。

「メジャーに勝ったとはいえ、渋野はまだまだ海外での経験が足りない。今年の全英女子オープン会場は海沿いの強い風が吹くリンクスではなく、林間コースで風も穏やかだった。しかし、今大会会場は台北市内から車で40、50分と、台湾の中でも特に風の強い地域で知られます。15番では風が弱まるのを待ってティーショットを打ちましたが、それでも“あそこまで曲がるとは思わなかった”と驚いていました。すでに米ツアーはメジャーを中心にスポット参戦を表明しており、来年も国内ツアーが主戦場になる。だがタフな海外でもまれて経験を積まないと、技の引き出しはいつまでたっても増やすことはできない」(ツアー記者)

 風に弱いといえば、国内で圧倒的な強さを見せた尾崎将司も同じ。「風が吹くから嫌い」と資格がありながら全英オープンには出場しなかったこともある。そんな尾崎と同じ道を歩んで欲しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る