ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

公開日: 更新日:

 中学ではボーイズなどの硬式野球には興味を示さず、報徳学園中に進学し、軟式野球部に所属していた。その理由が面白い。

「毎日練習ができるから軟式野球の方がいいと言うんですよ。硬式は週末しか活動していないチームも多いですからね。とにかく野球が大好きで、練習も好きという子なんです。報徳では高校の方でもレギュラーで活躍しましたが、実はこれ、珍しいんです。あまり中等部の軟式野球部員は、高校の野球部に入らないんですよ。高校の方は硬式野球経験者を重視していますからね。でも、直樹くんは中等部の先生が永田監督(当時)に推薦してくれたようです」(久保監督)

 目標とする広島鈴木誠也に追いつけ、追い越せだ。 (あすはDeNA1位・森敬斗

∇さとう・なおき 1998年9月3日、兵庫県神戸市生まれ。小1から灘西レイダースで野球を始め、報徳学園中に進学。報徳学園高では甲子園出場ならず、卒業後はJR西日本に入社。50メートル走5秒9、遠投120メートルの俊足強肩。177センチ、78キロ。右投げ右打ち。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る