初防衛も相手は格下…村田諒太「リアル」な試合はいつに?

公開日: 更新日:

 王者のパンチが挑戦者の顔面と腹を何度も襲った。

 23日に行われたボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ。王者の村田諒太(33)はバトラー(24)を5回TKOで下し、初防衛を果たした。パンチの重さ、コンビネーションともに着実に成長している村田にとって、バトラーは明らかに“格下”。テレビ局などは盛んに「KO率80%の強敵」とあおっていたが、バトラーは1階級下のスーパーウエルター級を主戦場にしていたボクサーだ。自慢のパンチもミドル級では並レベル。そもそも、この日が階級転向後、4試合目だった。

 そうした「くみしやすい」相手を選んで防衛するのは、王者の特権。それでも、ファンが見たいのは強い者同士の殴り合いだ。

 村田もそれを自覚しているのだろう。試合後のインタビューでは、「みなさん、(井上)尚弥の試合を見て思ったかもしれませんが」と前置きして、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る