初防衛も相手は格下…村田諒太「リアル」な試合はいつに?

公開日: 更新日:

 王者のパンチが挑戦者の顔面と腹を何度も襲った。

 23日に行われたボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ。王者の村田諒太(33)はバトラー(24)を5回TKOで下し、初防衛を果たした。パンチの重さ、コンビネーションともに着実に成長している村田にとって、バトラーは明らかに“格下”。テレビ局などは盛んに「KO率80%の強敵」とあおっていたが、バトラーは1階級下のスーパーウエルター級を主戦場にしていたボクサーだ。自慢のパンチもミドル級では並レベル。そもそも、この日が階級転向後、4試合目だった。

 そうした「くみしやすい」相手を選んで防衛するのは、王者の特権。それでも、ファンが見たいのは強い者同士の殴り合いだ。

 村田もそれを自覚しているのだろう。試合後のインタビューでは、「みなさん、(井上)尚弥の試合を見て思ったかもしれませんが」と前置きして、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る