松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ナイキのピンク一色に染まった駅伝は派手すぎていかん

公開日: 更新日:

 暮れから正月インフルエンザで寝込んでしまったもんだで、熱に浮かされながらテレビで駅伝をハシゴするはめになった。熱が出ると頭がウニになり、たとえば色が脳みそで増幅されたりする。京都の街中を走る高校駅伝の空撮映像で映ってた寺を見てカカアに、

「オ、オ、オイ、金閣寺のメッキが剥がれてるぞ」

「そりゃ銀閣寺でしょ」

 とかなる。

 実業団でも箱根でも男子選手がなんだかみんなピンクの靴を履いて走ってるのを「なんだあのドピンクは! メジャーリーグなんざピンクのシューズは母の日と決まってんだ。正月早々ピンクでママママ言ってんじゃねえぞ、干支にあやかるんならねずみ色の靴履けバカヤロウ」とか、どうでもいいことでテレビに毒づく。

「ピンクのナイキなんだって」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る