元ヤンキース・ジーターが資格取得1年目で米野球殿堂入り

公開日: 更新日:

 全米野球記者協会(BBWAA)は21日(日本時間22日)、野球殿堂入り選手を発表し、元ヤンキース主将で通算3465安打のデレク・ジーター(45)が、資格取得1年目で選ばれた。満票での選出も予想されたが、わずか1票足りず、得票率は99・7%。昨年の元同僚マリアノ・リベラに次ぐ史上2人目の快挙はならなかった。ロッキーズなどで通算2160安打をマークしたラリー・ウォーカー(53)は資格最終10年目で選出された。

 現役時代の禁止薬物使用疑惑で殿堂入りを見送られてきたバリー・ボンズ、ロジャー・クレメンスの2人は今回も票が集まらなかった。

 殿堂入りメンバーはBBWAA在籍10年以上の記者投票により、75%以上の得票で決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る