佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

U-23現地取材で見えた 東南アジアサッカーの「光と影」

公開日: 更新日:

 PM2.5による大気汚染問題が深刻化しているタイ・バンコク。街を歩けば多くのマスク着用者を目にする。筆者もご多聞に漏れず、外出時には必着しているのだが、それでも喉が痛くなるのは、よほどのレベルなのだろうか? 

 そこへ中国・武漢から拡大している新型コロナウイルスによる肺炎患者がタイでも見つかった。市内繁華街のひとつ、スクンビット通りには、春節休暇を楽しみに大陸から押し寄せた中国人で溢れている。バンコク市民の心配は尽きない。

 そのタイで開催中のU-23アジア選手権を取材しに当地に訪れている。

 日本代表は<参加国中最速>でのグループステージ敗退が決まて足早に去っていったが、上位3カ国には東京オリンピックへの出場権が与えられるとあって、いまも真剣勝負は続いている。

 決勝カードは韓国vsサウジアラビアに。これは両国の東京オリンピック出場権を得たことを意味し、残りのひと枠を3位決定戦のオーストラリアvsウズベキスタンの勝者が勝ち得ることになる。個人的には、前回大会の覇者・ウズベキスタンのポテンシャルには驚くばかりだ。また7月に日本で観たいと願ってやまない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る