佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

U-23現地取材で見えた 東南アジアサッカーの「光と影」

公開日: 更新日:

 PM2.5による大気汚染問題が深刻化しているタイ・バンコク。街を歩けば多くのマスク着用者を目にする。筆者もご多聞に漏れず、外出時には必着しているのだが、それでも喉が痛くなるのは、よほどのレベルなのだろうか? 

 そこへ中国・武漢から拡大している新型コロナウイルスによる肺炎患者がタイでも見つかった。市内繁華街のひとつ、スクンビット通りには、春節休暇を楽しみに大陸から押し寄せた中国人で溢れている。バンコク市民の心配は尽きない。

 そのタイで開催中のU-23アジア選手権を取材しに当地に訪れている。

 日本代表は<参加国中最速>でのグループステージ敗退が決まて足早に去っていったが、上位3カ国には東京オリンピックへの出場権が与えられるとあって、いまも真剣勝負は続いている。

 決勝カードは韓国vsサウジアラビアに。これは両国の東京オリンピック出場権を得たことを意味し、残りのひと枠を3位決定戦のオーストラリアvsウズベキスタンの勝者が勝ち得ることになる。個人的には、前回大会の覇者・ウズベキスタンのポテンシャルには驚くばかりだ。また7月に日本で観たいと願ってやまない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る