佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

タイリーグで日本人監督直接対決 試合後に両指揮官を直撃

公開日: 更新日:

 アジアンフットボールに魅せられ、いろんな縁も重なって今、ジャーナリストをさせてもらえている。自らの主戦場は<亜細亜>だと自負している身、外へ出てみると、内では当たり前のことが、逆にマイノリティーだったりすることに気がつくことも多い。それはフットボールでも同様。文化の違いを感じられることも、ソレの魅力のひとつだったりする。持論は、フットボールの世界でも国際感覚の豊かさは重要なエッセンス――。感性を柔軟に保てるように心掛けている。タイサッカーに触れる機会は多い。今季タイリーグ1の開幕カード、サムットプラカーンシティFC―チェンライ・ユナイテッドFC戦を<日本人監督対決>というワードありきで取材したが、その動機が改めてタイ文化を感じられた良い機会にもなった。

 昨季王者のチェンライ・ユナイテッドFC。タイ北部に本拠を構え、設立11年目と若いクラブは、名の知れた政治家一家に生まれたティヤパイラット兄妹が切り盛りする<リアルサカつく>を地で行くクラブだ。妹・パウィサラットが会長を務め、クラブ創設者である兄・ミティはベンチに陣取り、試合中は自らピッチラインまで出て行って選手へ指示を出す。しかし、だ。もし筆者が監督だったらやり難くて仕方ないはず。今季、監督に就任した“当事者”である滝雅美本人はどう思っているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る