レッズ秋山が2度目マルチに初打点 定位置取りへ猛アピール

公開日: 更新日:

 レッズ・秋山翔吾(31)が調子を上げてきた。8日(日本時間9日)のエンゼルス戦に「1番・中堅」でスタメン出場し、3打数2安打1打点、1得点。6日のアスレチックス戦以来、オープン戦2度目のマルチを記録した。

 今オープン戦で初めて3試合連続出場した秋山。三回の第2打席で相手先発右腕ラミレスに2ストライクと追い込まれながらも、148キロの直球を引っ張って二塁への内野安打。四回1死一、二塁の好機で、3番手左腕ヤンから左翼線への適時二塁打を放ち、初打点をマークした。

 レッズにはメジャー定着を狙う有望な若手外野手が名を連ねている。秋山は熾烈なポジション争いを繰り広げているが、首脳陣へのアピールにつながったに違いない。

 ツインズ・前田はレッドソックス戦に先発し、4回を2安打無失点、6奪三振。ヤンキース・田中はブレーブス戦で3回3分の2を1安打無失点、4奪三振だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る