選手逮捕続き3月休止 ラグビーTLはコロナより薬物が暗い影

公開日: 更新日:

 ラグビー界が、コロナに加えてコカインショックに揺れている。

 トップリーグ(TL)の太田治チェアマンは9日、日野レッドドルフィンズのLOジョエル・エバーソン(30=ニュージーランド)が、コカイン使用で4日に麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、会見。全チーム、選手に対してコンプライアンス教育を施すため、3月14~29日までの計3節24試合を休止すると発表した。

 昨年のW杯日本大会開幕前にはトヨタ自動車の2選手が、同容疑で起訴された。薬物による不祥事が相次いでいるだけに太田チェアマンは「同年度内に複数のチームから逮捕者が出たことは、TLだけでなく、日本ラグビー界の存在を揺るがす大きな問題であり、非常事態。これまで以上に踏み込んだ対策が必要」と神妙な表情で話した。

 すでに日本協会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、TLを2月29日から今月8日までの計2節16試合を延期。当初は14日からの再開を目指していたが、依然として感染リスクは収まらず、さらなる薬物蔓延も防ぐため、リーグ戦再開を延期せざるを得なかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る