バド全英OPで快挙 男女ダブルス日本勢が初のアベックV

公開日: 更新日:

 バドミントンの全英オープン最終日(英・バーミンガム)は15日、各種目の決勝を行い、女子の福島由紀(26)、広田彩花(25)組(フクヒロ)、男子の遠藤大由(33)、渡辺勇大(22)組がともに初優勝の快挙を成し遂げた。

 世界ランキング3位のフクヒロは同6位の杜玥、李茵暉の中国ペアに21―13、21―15でストレート勝ち。同種目では2016年大会の高橋礼華、松友美佐紀組以来、日本勢2組目の偉業を達成した。

 世界6位の遠藤、渡辺組は同1位のマルクス・フェルナルディ・ギデオン、ケビン・サンジャヤ・スカムルヨのインドネシア組を相手に21―18、12―21、21―19の2―1で競り勝ち、同種目の日本勢初制覇を果たした。渡辺は東野有紗(23)と組んだ18年大会の混合ダブルスに次ぐ、2種目目の頂点に立った。

 世界バドミントン連盟は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今大会後からの国際大会の中断を決定。東京五輪出場権に関する措置は後日発表予定としている。現状では、女子ダブルスの日本勢で獲得ポイントが最も多いフクヒロの代表入りは確実な状況となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る