バド全英OPで快挙 男女ダブルス日本勢が初のアベックV

公開日: 更新日:

 バドミントンの全英オープン最終日(英・バーミンガム)は15日、各種目の決勝を行い、女子の福島由紀(26)、広田彩花(25)組(フクヒロ)、男子の遠藤大由(33)、渡辺勇大(22)組がともに初優勝の快挙を成し遂げた。

 世界ランキング3位のフクヒロは同6位の杜玥、李茵暉の中国ペアに21―13、21―15でストレート勝ち。同種目では2016年大会の高橋礼華、松友美佐紀組以来、日本勢2組目の偉業を達成した。

 世界6位の遠藤、渡辺組は同1位のマルクス・フェルナルディ・ギデオン、ケビン・サンジャヤ・スカムルヨのインドネシア組を相手に21―18、12―21、21―19の2―1で競り勝ち、同種目の日本勢初制覇を果たした。渡辺は東野有紗(23)と組んだ18年大会の混合ダブルスに次ぐ、2種目目の頂点に立った。

 世界バドミントン連盟は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今大会後からの国際大会の中断を決定。東京五輪出場権に関する措置は後日発表予定としている。現状では、女子ダブルスの日本勢で獲得ポイントが最も多いフクヒロの代表入りは確実な状況となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る