東京五輪延期の外堀埋まる…野球も欧州サッカーもコロナ禍

公開日: 更新日:

 世界中で新型コロナウイルスが感染拡大する中、3月22~26日に米アリゾナで予定されていた東京五輪野球の米大陸予選が延期になった。

 出場予定国は、アメリカ、カナダなど計8カ国。各国ではコロナ蔓延によって、野球どころか、あらゆるスポーツが延期、中止、無観客での開催に追い込まれているため、今回の予選延期はやむなしである。

 すでに、台湾で4月1日から予定されていた最終予選が6月17日開始に変更になっている。台湾、オーストラリア、中国、オランダの4カ国に加え、米大陸予選で2位、3位になった国が参加することになっているが、米大陸予選が行われない限り、最終予選に行きつかない。

「東京五輪野球の参加国は、たったの6カ国。最後の2枠を米大陸予選と最終予選で決めることになっているが、コロナ騒動の終息の兆しは見えず、予選を開催できるかどうかもわからない。そもそも、五輪出場を辞退する国が出る可能性もあります」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る