松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「ドスコイ熱男」等の自粛に関するニュースをお伝えします

公開日: 更新日:

 西武山川穂高選手がソフトバンク松田宣浩選手と緊急電話会談を行い、3月12日、日本野球機構などによる新型コロナウイルス対策連絡会議において、専門家チームより指摘された飛沫感染リスクを防止する観点から、ホームランを打った後にベンチ前で「ドスコイ!」および「熱男~!」と絶叫するパフォーマンスを当面行わないとする申し合わせを行いました。

 両選手による雄たけびにスタンドのファンが両手をメガホン代わりにして大声の声援を誘発することにより、ウイルスの飛散を助長する行為となることへの懸念を指摘される恐れがあるとして自粛を宣言したものです。

 これに対してライオンズ、ホークスの熱狂的なファンからは「それを言うならベイスターズの山崎康晃投手が出るときにスタンド中のファンが一斉に肩を組んで跳びはねる『康晃ジャンプ』も規制の対象とすべきだ」との異論が噴出する一方、ロッテファンからは「レアード選手のすし握りポーズは自分で握るだけだからヒトへの感染は防げるだろ」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る