プクプクしぶこがメジャーVでゲット “純金パター”のお値段

公開日: 更新日:

 国内女子ツアーが相次いで中止になり、試合中継の代わりに放送された22日のテレビ朝日系トーク番組に渋野日向子(21)が生出演。司会進行役の上田桃子(33)に、「大きくなった人がいる」と昨年との違いを指摘されると、「オフは食べる量もトレーニングも増えて、プクプク太りました」と明かした。

 渋野が契約するピン社は同社パターを使用してツアー優勝すると、契約のある、なしにかかわらず使用パターと同じモデルのヘッドに金メッキを施したゴールドパターを贈っている。だが、メジャー優勝なら純金製になるそうだ。

 いったい、いくらになるのか?

「純金かなぁ。純金だと軟らかいので細い構造のネック部分がぐにゃっと曲がってしまうかもしれない」とクラブデザイナーの高橋治氏がこう解説してくれた。

「ピンパターのヘッド重量は約350グラム。材質はステンレスで比重は金のほうが2・57倍です。だから純金で同じヘッドを作ったら、約900グラムにもなり、重すぎて実戦では使えない。おそらく飾り物でしかないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  4. 4

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

もっと見る