日本は名ばかり開催国 五輪延期も主体性なくIOCの言いなり

公開日: 更新日:

 日本は本当に開催国なのか。

 23日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)が五輪延期に言及。「4週間かけてシナリオをつくる」と発言した。これまで政府と組織委、国際オリンピック委員会(IOC)は、予定通り7月24日開幕に固執していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界各国の競技団体が開催延期を要請。カナダは世界で初めて、選手団を派遣しないと発表した。世界中のメディアや専門家から、IOCと日本の姿勢に批判が相次いでいた。

■世界陸上は1年延期も

 IOCのバッハ会長とテレビ会議を行った森会長が延期検討発言をしたのも束の間。米国内での五輪中継の放送権を持つNBCユニバーサルが延期を支持する声明を出すと、米陸上競技連盟が五輪開催の1年延期を要請したことを受け、同国で21年に予定されている世界陸上の1年延期が世界陸連で検討されていることが明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る