日本は名ばかり開催国 五輪延期も主体性なくIOCの言いなり

公開日: 更新日:

 日本は本当に開催国なのか。

 23日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)が五輪延期に言及。「4週間かけてシナリオをつくる」と発言した。これまで政府と組織委、国際オリンピック委員会(IOC)は、予定通り7月24日開幕に固執していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界各国の競技団体が開催延期を要請。カナダは世界で初めて、選手団を派遣しないと発表した。世界中のメディアや専門家から、IOCと日本の姿勢に批判が相次いでいた。

■世界陸上は1年延期も

 IOCのバッハ会長とテレビ会議を行った森会長が延期検討発言をしたのも束の間。米国内での五輪中継の放送権を持つNBCユニバーサルが延期を支持する声明を出すと、米陸上競技連盟が五輪開催の1年延期を要請したことを受け、同国で21年に予定されている世界陸上の1年延期が世界陸連で検討されていることが明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る